• TOP >
  • おふやについて

さくっ ふわっ もちっ
てしごとの おふ。

精進料理から歴史の始まった麩は、グルテン(小麦のタンパク質)+小麦粉+水という非常にシンプルな組合せの食品です。
アミノ酸と鉄分が豊富で、低脂肪で消化吸収もされやすい、非常に優秀な食材でもあります。
女性にはコラーゲンの修復を助け、保湿にも働きかける美肌成分のプロリンが豊富なためダイエットに最適です。
小さなお子様には低脂肪で消化されやすいため、牛乳などで戻して離乳食として。
歯の悪いご高齢の方にも安心してお召し上がりいただけます。

おふやのおふは昔ながらの作り方で、ひとつひとつ「てしごと」で大切に作られています。
長い間日本で愛されてきたおふ。
おふやは現代のすべての方々に楽しんでいただけるように、おふを新しい形でご提供いたします。

おふやについてイメージ
鉄分・カルシウム・亜鉛・ミネラル
貧血や血糖値が気になる方に。
焼き麩100gの鉄分量は、ホウレン草と同じです。
高タンパク・低カロリー
植物性のタンパク質のため、ローカロリー
水分をたっぷり含むので腹持ちがよいため、ダイエットにも最適。
プロリン
貧血や血糖値が気になる方に。
美肌成分のプロリンが豆腐の約10倍、チーズの11倍含まれています。

三島の湧水を自社の井戸設備から汲み上げ使用

おふやには富士山の雪解け水が100年かけて濾過してきた湧水が出る井戸設備があり、製造にはこの井戸から汲み上げた湧水を使用しています。
麩づくりには豊富な水が必要になるため、良質な麩ができるのは、この湧水のおかげです。
おふやは、この命の水を何よりも大切な街の財産だと考え、地域住民の方などに無償で提供しています。

おふやについてイメージ2

麩というもの

おふは昔から食事の名脇役。
またお子様のお菓子としても親しまれてきた、昔ながらのたべものです。
職人が徐々に少なくなる今、これからの日本の食のなかでおふや麩菓子も形を変えていくことでしょう。
長い間愛されてきた麩には底知れぬ魅力があります。
昔ながらの製法を大切にしながら、これからもたくさんの人に麩を食べていただくため、おふやはおふをつくります。

最新情報をチェック!